リレー・フォー・ライフJAPAN 2008 in 新横浜

| コメント(0) | トラックバック(0)

DSC03160.jpg

リレー・フォー・ライフ(RFL)JAPAN 2008 in 新横浜 が9月14日・15日に日産フィールド小机で行われました。

私たちは チーム「アナグロ」に参加。このチームの理念は「越境」。患者さん、友人、家族、支援者などなど、多様な立場の方たちで構成されたチームでした。

RFLへの参加は初めてで、一日目の午後だけの参加でしたが、非常に思い出深い経験となりました。

参加し始めは、トラックを歩き、いろいろな催し物を眺める、というスタイルに少し戸惑いがありました。しかし、夜のルミナリエの準備が始まり、参加者の思いを書いたリミナリエバッグがコースに並べらると気持ちは一変しました。
バッグの一つ一つには、真摯なメッセージが込められていました。今がんで戦っている人、卒業した人への思い、悩み、希望、病気への畏敬、など、メッセージを読みながら歩いているうちに、ここに集っている大勢の人達の思いが伝わり、一つの大きな思いを紡ぎながら歩いているように感じてきました。まるで日本の灯篭流しのようでした。夜の部にも参加出来たら、もっと思いは深まったように思います。

がんは眠らない、だからRFLは24時間リレーです。でも、出来る時間に可能な範囲で歩く、ということもできます。がんに関係ある人もない人も、がんに思いを馳せる機会として、来年も各地域で続いていってほしい、そして自分も参加し続けていくことで小さな力になりたいと思っています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://non.rakkan.net/mt5/mt-tb.cgi/451

コメントする