毎日新聞『医師の説明、分かる? 難解用語改善、動き広がる』にてコメントが紹介されました

| コメント(0) | トラックバック(0)

医療用語:医師の説明、分かる? 難解用語改善、動き広がる
 浸潤が見られ、予後6カ月程度でしょう??。医療現場で飛び交う難解な用語にメスを入れようと、独立行政法人「国立国語研究所」がまとめた「『病院の言葉』を分かりやすくする提案」(中間報告)。医師らが使う言葉が患者に伝わっていない現実が浮き彫りになっている。【清水優子】

・・・

 ●患者も勉強を

 患者側にも知る努力を求めるのは、看護師や助産師の経験もある医療コーディネーターの岩本ゆりさん。「『3分診療』の言葉通り医師は時間がない。医学用語で診療結果だけを手短に説明するため、コミュニケーション不足に陥り患者は治療に不信を抱く」と話す。

 納得した医療を受けられるよう、中立の立場でサポートする楽患ナース(東京都足立区、電話050・1256・8627)を設立。コーディネーター24人とがんや不妊治療など延べ500件の相談に応じた体験を踏まえ「分からない言葉はどんどん医師に聞くべきだが、一から聞くのでなく最低限の基礎知識は自分で調べることも大事」とアドバイスする。

・・・

記事:『医師の説明、分かる? 難解用語改善、動き広がる』

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://non.rakkan.net/mt5/mt-tb.cgi/456

コメントする