がんと希望

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日、一昨日とがん関連の興味深い話題が報道された。

一つは朝日新聞の「望ましい死のあり方」に関する研究結果を伝えた記事。(文末に転載)

もう一つはテレビ朝日報道ステーションの「がん難民コーディネーター」密着取材放送。

がん難民コーディネーターの活動は、まさに東大の研究結果「がんと最後まで闘うこと必要―患者81%、医師19%」が背景にあると感じた。

がん難民コーディネーターは、がん患者に希望を与えるために活動を展開しているように感じた。活動内容の是非は別として、医療者ではない立場だからこそ出来るピアカウンセリングの一つの形だろう。

効果が出る可能性が極めて低いかもしれない治療法でも、明日をもしれない命でも、その療法を信じ、明日が来ることを信じている人に対して、「大丈夫」「頑張れ」と言う人の存在は大きい。そういう人がいてくれるからこそ、希望を持って生きていける方たちがいる、そんなことを放送を見て感じていた。


【2009年1月21日(朝日新聞)より転載】

「がんと最後まで闘うこと必要―患者81%、医師19%」

がんになったら最後まで闘うことが必要かどうか――。そんな問いかけに対し、患者と医師の意識にギャップがあることが、東大の研究グループが実施したアンケートで浮き彫りになった。

 東大病院(東京都文京区)の放射線科外来を受診中の患者450人と東大病院でがん診療にかかわる医師155人、看護師470人に加え、無作為に抽出した東京都に住む市民千人(20?79歳)を対象に、「望ましい死のあり方」について尋ねた。

 その結果、「最後まで闘うこと」は、81%の患者が必要と答えたのに対し、医師は19%にとどまった。一般市民は66%、看護師は30%。

 「やるだけの治療はしたと思えること」でも、92%の患者は必要と答えたが、医師は51%。「容姿がいままでと変わらないこと」は、必要としたのは患者70%に対し、医師は29%だった。

 研究グループは「医療者の回答は、現実や実現可能性を反映していると思える部分もある」としたうえで、「医療者は自らの価値観とがん患者や一般市民の価値観が必ずしも一致しないことを自覚すべきだ」としている。

 逆に、「残された時間を知っておくこと」は、医療者は89%が必要と回答したのに対し、患者は69%。「先々何が起こるかをあらかじめ知っておくこと」では79%の医師が必要としたが、患者では63%と医師よりも低かった。

 担当した東京大学大学院医学系研究科の宮下光令講師(緩和ケア看護学)は「このような価値観は人によっては重要だが、必ずしもすべてのがん患者が望んでいることではない。押しつけにならないよう個別に配慮されるべきだ」と指摘している。

posted by 楽患ナース【治療や病院選びの強い味方】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://non.rakkan.net/mt5/mt-tb.cgi/461

コメントする