日本経済新聞『”すき間”埋める社会起業家』で紹介されました

| コメント(0) | トラックバック(0)

楽患ナース日経記事

2009/7/5の日本経済新聞の医療面”すき間”埋める社会起業家というテーマの記事で、『中立的な立場で助言することで、患者や家族が納得して医療を受けられる』として、医療コーディネーターが紹介されました。

社会起業家というと照れてしまいますが、本来どの会社も社会的なものであるべきだと思います。社会の満たされていないニーズに応え、そこから得る利益は社会から理解される範囲で個人に還元し、そしてさらなるサービス・製品の向上に使うことで社会に還元していくものだと思います。

ニーズがある限り、それに最高のサービスで応えられるように楽患ナースは事業を続けます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://non.rakkan.net/mt5/mt-tb.cgi/475

コメントする