第5回医療決断サポーター(支援員)養成講座

| コメント(0) | トラックバック(0)

9月19日土曜日、第5回医療決断サポーター(支援員)養成講座に講師として参加致しました。この講座は、医療決断について幅広く学べる貴重な場です。講師に呼んで頂いた際は、朝から晩まで参加させて頂き、自分以外の講義も学ばせて頂いております。

今年は、神戸松蔭女学院大学・大学院教授 東豊先生の「システムズアプローチ」の授業に参加致しました。東先生は語り口が軽快で、ユーモアたっぷりの授業。本当に引き込まれるようでした。お話の中身は、来年早々に出される本に詳しいということで、ここでは内緒にしておきます。

講義後は、今年も参加している学生さんたちと共に懇親会に参加しました。学生と言っても現役の看護師、MSWの方々です。受講後は、相談支援窓口や、病棟や外来などで、今回の知識をすぐに患者さんに役立てようと学んでいます。

現場の辛さ、そして遣り甲斐など伺いながら私たち一人一人に何が出来るかを語り合い、前向きなパワーを分けてもらいました。参加者の方々は口々にこの講座が続いて欲しい、後輩にも学んで欲しいと言っていました。こうした体系だった講座はこのまま続いて欲しいと私も切に思います。もうすぐこの講座の内容をまとめたテキストブックが発売となります。たくさんの方に「医療決断支援」の実際が広まることを願っています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://non.rakkan.net/mt5/mt-tb.cgi/485

コメントする