フィジカルアセスメント

| コメント(0) | トラックバック(0)

訪問看護を始めた直後、フィジカルアセスメントの重要性を痛感しました。

在宅は、医師の定期的な訪問は多くても週一回、患者さんと向き合うのは看護師一

人、という状況です。ちょっとした身体の変化を見逃してはいないか、大きな緊張の

中で働いています。

 

そこで9月、日本訪問看護振興財団主催の研修、「終末期におけるフィジカルアセス

メント」の参加しました。

http://www.jvnf.or.jp/kensyu/terminal.html

 

講師は、医師であり、アメリカで看護学博士まで取得された、名古屋大学医学部基礎

看護学講座教授の山内豊明先生でした。

 

フィジカルアセスメントガイドブック―目と手と耳でここまでわかる」(アマゾン

からのリンク)をテキストにしながらの授業はとても興味深いものでした。さらにア

セスメントをする前の段階として、自分が使用している言葉の定義が曖昧であること

にも気付かされました。

 

あっという間の一日でしたが、継続して勉強する必要性を実感しています。

しかし、なかなかその機会はなく、何か工夫が必要だと思っている時に、下記の連載

を見つけました。

 

小テストで学ぶ "フィジカルアセスメント" for Nurses (週刊医学会新聞)

http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA02900_06

 

テスト形式で答えの記載はなく、ヒントのみが書かれています。

ここでも、まずは共通の用語を使いこなすことの重要性が書かれていました。

山内先生のテキスト片手に挑戦してみたいと思います!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://non.rakkan.net/mt5/mt-tb.cgi/550

コメントする