高齢者ケアと人工栄養を考える‐本人と家族の意思決定プロセスノート

| コメント(0) | トラックバック(0)

pdf_a.gif

2010年の高齢化率が23.1%となり、ついに私たちの社会は超高齢社会(65歳以上の人

が総人口に占める割合が21%を超える)となりました。

 

それに伴い、高齢者が食べられなくなった時、人工的な栄養・水分補給についてどう

考え、どう実践していくのか、は大きな課題となっています。

 

動物は口から食べられなくなれば死にます。しかし、人間はその代替手段を持ってい

ます。その手段をどう使っていくのか、私たち一人一人の死生観とも直結している問

題でもあり、簡単には答えを導き出せるものではありません。

 

今日ご紹介する「高齢者ケアと人工栄養を考える‐本人と家族の意思決定プロセス

ノート」

PDF: http://www.l.u-tokyo.ac.jp/dls/cleth/ahn/pdf/processnote_all.pdf  

は、食べられなくなったときにどのような選択に至るか、その意思決定のプロセス

を、ご本人とご家族が、医療者の助言も得ながら、一歩一歩たどることを応援できた

ら、という思いで作られています。(「高齢者ケアに関する意思決定プロセス」研究

班のページ http://www.l.u-tokyo.ac.jp/dls/cleth/ahn/index.html より一部引

用)

 

 

現在、日本老年医学会「高齢者ケアの意思決定プロセスに関するガイドライン:人工

的水分・栄養補給を中心として」の作成を目指してガイドラインの試案と意見公募が

行われています。ご興味のある方は下記参考にして下さい。

 

上記ガイドラインへの意見書き込み・送信用ファイル

http://www.l.u-tokyo.ac.jp/dls/cleth/guideline/index.html

 

また、参考になる調査として下記もご紹介します。

 

認知症患者の胃ろうガイドラインの作成

―原疾患、重症度別の適応・不適応、見直し、中止に関する調査研究―

http://www.peg.or.jp/news/research/h22_peg.html

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://non.rakkan.net/mt5/mt-tb.cgi/549

コメントする