タクティールケア

| コメント(0) | トラックバック(0)

takutiru.jpg

 

先日、地域の訪問看護ステーション向けの勉強会でタクティールケアを知りました。

 

1960年代、未熟児に触れることで体重増加が優位にみられることを看護職が発見したことから始まったそうです。

 

人に触れることに大きな意味があることは、誰もが経験的に知るところです。

その意味を科学的に説明することが出来るといいます。それはホルモンの働きが関係しているというのです。

 

人が人に触れて7分経つとオキシトシンが分泌され、ストレスホルモンが減少する。このホルモンの効果は、相手にも自分にも波及します。

 

しかし、ここには「触れる」ことのハードルがあります。

このケアの力を発揮するためには、まずは自分を相手に受け入れてもらうことが重要です。新しいケア、触れ合いのケアを「この人にやって欲しい」と思われるような人間関係の構築が大切です。

 

また、この研修会でもう一つ初めての言葉を聞きました。それは、「認知症緩和ケア」です。タクティールケアは認知症患者さんへの緩和ケアとして注目されているそうです。非がん患者(特に認知症など)の在宅緩和ケアは難しく、今注目されているトピックです。認知に障害がある患者さんですから、信頼関係を作ること自体が難しくなります。そんな中、触れることで互いに快くなる時間を作ることが出来れば素敵です。

 

研修では実技もあり、明日からでもすぐに使える方法を伝授して下さいました。

 

がん末期で体調が変化したとき、認知症で意思の疎通が難しい時、訪問しても何も出来ない、何をして良いのかも分からない、そんな自身の不足を感じる時の自分の出来る持ち技を一つでも増やしておきたいものです。

 

参考:

覚書:タクティールケアで抗がん剤の副作用からの痺れが緩和されました

http://hirokoai.blog.fc2.com/blog-entry-108.html

 

タッチで癒やすタクティールケア 優しく触れて安らかに(201121日)

http://www.asahi.com/health/hiketsu/TKY201101310141.html

 

スウェーデン生まれの究極の癒やし術 タクティールケア入門

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4861303400/rakkan-22

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://non.rakkan.net/mt5/mt-tb.cgi/557

コメントする