第3回東京都緩和医療研究会学術集会にて発表

12118838_1646466982274509_3674141710244877687_n.jpgのサムネイル画像 12088120_1646467805607760_278767250024584386_n.jpg

10月18日(日)、第3回東京都緩和医療研究会学術集会「深めよう!東京都」が国立がん研究センターにて開催されました。

参加者は200名近くと大盛況でした。

私は事例検討にて、越川病院の越川貴史医師、慶應義塾大学病院金子健薬剤師の両座長の元、「医療連携によって実現する患者中心の意思決定支援」を発表いたしました。

自身の活動を言葉にするということは緊張する試みでしたが、無事に済んでほっとしました。

普段から考えている問題意識を皆さんと共有することで、次に繋げていくきっかけになると嬉しいと思っています。