もしバナゲームから考えるアドバンスケアプランニング/第4回 意思決定支援研究会

2016もしバナ.jpg

2017年6月3日(土)14:00-17:00 もしバナゲームから考えるアドバンスケアプランニング を開催します!

ACP(Advance Care Planning)=病をきっかけにして、みんなで今後の治療や療養について、あらかじめ話し合うこと、が注目を集めています。

大切な取り組みでありながら、どこから、どう取り組んでいけば良いのかは試行錯誤の段階です。

「もしバナゲーム」は、米国の医師・患者のコミュニケーション・ツールとして作成した「Go Wish game」を Institute of Advance Care Planning(iACP)が日本語に翻訳したものです。

レクリエーションを通して、"縁起でもない話"を気軽に語ることの意味を考えてみたいと思います。

特に医療者がこのゲームをすることで、あらためて価値観の多様性を体感出来るのではないかと期待しています。

前半は、Institute of Advance Care Planning(iACP)のワークショップアドバイザーでもあり、亀田総合病院 緩和ケア認定看護師 千葉恵子さんから、ACPに関して話題提供していただきます。

後半は、「もしバナゲーム」を4人1グループになって実際に体験します。

場所は、九段坂病院(地下鉄九段下駅 徒歩数分)カンファレンスルームとなります。

参加希望の方は、下記内容を記入のうえ、 info@rnurse.jp へ
お申し込みください。?

1.氏名  2.メールアドレス  3.職業  4.所属

〆切を5月22日(月)と致します。

ご連絡お待ちしております!