POOマスター養成研修 第2回東京開催 に参加しました

23376229_743802342474523_907773945292611262_n.jpg

25348503_1610113485742939_5348467624989613324_n.jpg

訪問看護では毎日のように出会う排泄援助。トラブルも多く、何とかしたいと思いながら、なかなかうまくいかず

に悩むことも多いです。

そこで、排便ケアのイノベーション「POOマスター」養成研修に参加しました。

POOマスターは、榊原千秋さん(小松市のややの家代表 保健師・助産師・看護師)が創案し、金沢大学での博士

課程の研究として病院や施設で実践・実証された、チームアプローチです。

(『訪問看護介護』2016年6・8月号に紹介)

その人の排便アセスメントと、望ましいケアの選択と、実施のためのチーム作りを学び、活動計画をたてて実践・さらなる改善へと気持ちよい排便に導く活動づくりのPDCAサイクルにつながります。

11月、12月と学んで来年の3月にはいよいよアクションプラン発表です!

今から、来年の実践が楽しみです。