第20回 日本認知症ケア学会大会 に登壇しました

title2019.png 61099023_2319216378332896_1851442551697965056_n.jpg

5月26日、国立京都国際会館で開かれました第20回 日本認知症ケア学会大会において

【認知症の在宅支援】シンポジウム5:在宅支援;あなたは他職種から学ぶことができますか
意思決定支援を中心に:訪問看護師の立場から

として登壇致しました。

普段の臨床の中で、病名がついている方もそうでない方も、認知症の方のケアにあたることは数多くあります。

その中で、ACPや意思決定支援は通常よりも重要性を増し、かつ困難さを含みます。

多職種の活動を知ることで自身のスキルの幅を深めようというシンポジウムでしたが、臨床に生かせる知恵が沢山含まれていて、とても勉強になりました。

明日から、目の前の方に何が出来るのか。小さなことから生かしていきたいです。

※写真は、今回のシンポジウムに声掛けをして下さいました、ありがとうみんなファミリークリニック平塚の家庭医 小宮山医師です。学生時代の知り合いなのですが、とても素敵な医師になられていて嬉しいひと時でした!