看取りのプロに学ぶ 幸せな逝き方(朝日新聞出版)に寄稿しました

120714460_2762296664024863_4226982960954782726_o.jpg
「看取りのプロに学ぶ 幸せな逝き方」が出版されました。
朝日新聞土曜版「be」、「それぞれの最終楽章」の書籍化です。
在宅医、がん看護専門看護師、音楽療法士、認知症病棟の医師、徳陽のケアマネ、牧師......など、看取りのプロの15人の教え。
80を超える看取りのケースから、後悔の少ない最期のために知っておきたいことが見えてきます。
私は訪問看護師として、「人は死ぬ時を選ぶ」というテーマで掲載して頂きました。ご協力頂きました患者さん、そしてご遺族の方に心より感謝申し上げます。
そして今朝も、一人の男性が奥様の腕に抱かれて旅立たれました。ご主人が奥様を呼び、抱きしめて口づけた直後の旅立ちだったとお聞きしました。こんなことがあるんですねえ。。。
やはり、人は死ぬ時と場所を選んでいるのだ、と感じます。
もし願いが叶うのであれば、私もこうして亡くなっていきたい、と思う旅立ちに関わることが出来ることは本当に幸せです。
そんなケースが沢山、沢山、詰まった本です。
この本を読んだ方が、ご自身の最後を思い描く一助になれることを願っています。
最期になりましたが、「それぞれの最終楽章」および書籍掲載の機会を頂きました朝日新聞の佐藤陽さんに感謝申し上げます。
佐藤さん、また一緒に、もしばなゲームしましょうね!